シリコンパワーSlim S55 SP240GBSS3S55S25 レポート


シリコンパワーのSlim (S55 SP240GBSS3S55S25)の徹底レポートです。

シリコンパワー 【SSD】SATA3準拠6Gb/s 2.5インチ 7mm 240GB MLCチップ使用 SP240GBSS3S55S25

□□□□□□□□□PR

★★SSDの性能の極限を極める!高速化ソフトプチフリバスター

高速化ソフトプチフリバスター
Windows 高速化 プチフリバスター Windows 高速化 プチフリバスター

―> プチフリバスターかんたん紹介ページ
―> プチフリバスター技術詳細ページ

□□□□□□□□□PR

メーカーHPでは低消費電力との記載がありました。
おそらくHDDと比較してという意味合いだと思いますが、他のSSDとどのくらい差があるのかを調べます。

SPC HP

■消費電力測定テスト
ベンチマーク測定時にSSDとPCを繋ぐ5Vの電源供給ケーブルに0.1Ωの抵抗を入れこの間の電圧を測定し、流れる電流を逆算しました。
比較として
CSSD-S6T256NHG6Q  黄色
ADATA SP 600
      青
シリコンパワーSlim S55  赤
のデータも記載します。

SPC 消費電力
待機電力こそ少ないものの、消費電力は他2つと比べて高いですね。

ベンチマークテスト時にSSD本体が熱くなりました。

本SSDは消費電力が著しく高く、他のSSDと比べてみると差は大きいです。
ADATA SP 600の2倍は消費電力があります。

本SSDの消費電力は以下の通り。
・最大消費電力:3.6W = 5V × 0.72A
・待機時消費電力:0.3W = 5V × 0.06A

■LPMの対応チェック

LPM(節電装置)の対応をチェックしました。
現在使っているディスク装置がLPMへの対応を調べるツール「LPMChk」を使用します。

LPMチェック
lpmチェック
http://lpmchk.dnki.co.jp/

SPC lpm

こちらのSSDはLPMに対応している事がわかります。

■CrystalDiskMark3によるベンチマーク

CrystalDiskMarkテストは64ビット版で実行。

CFD HG5d 128GB ベンチマーク

CrystalDiskMark3でテストする時は基本、デフォルトを選んでいます。
サンドフォース製のコントローラを採用しているメーカはここを、0FILL, 1 Fillにしている場合があり、0FILL, 1 Fillだとデータの内容が同じためデータを圧縮して高速化を狙っている機種だとスコアが伸びるのです。

メーカー公表値では最大読込み550MB/秒、最大書込み500MB/秒と記載がありました。

実際のスコアは以下の通りです。
左が初期値、右がSSD高速化ソフトプチフリバスターを適用させた場合の値です。
PFBリンク

SPC 比較 まとめ

■AS SSDによるベンチマーク
■標準のテスト
シリコンパワー ベンチマーク

■Copy Bench
シリコンパワー copy ベンチ

■データ圧縮のスコア
シリコンパワー
■ATTO DISKによるベンチマーク
シリコンパワーSlim S55 ベンチマーク

 

■分解

シリコンパワー ssd 分解

コントローラはPHISON
PS3108-S8-I
RS1408A2AA
1408AV001M
と記載がありました。

■プチフリ、あるいはダメージテスト

どんなSSDも使っているうちに必ず遅くなります。
SSDがプチフリ現象を100%克服したとしてもNTFSフォーマットである限りは絶対に速度劣化現象が現れると思った方が良いです。
純度100%の最悪のコンディションを作るソフト、「スペースデデフラグ」を今回のテストに使用しました。
SSDの内部構造をミジン切りにする。極限化にSSDを追い詰めます。
スペースデデフラグ

これを今回のSSDに掛けます。

スペースデデフラグを掛けると各種操作が劇的に遅くなります。
従いパーテーションを次のように割り、ケースバイケースでテストを実施。

5GBのパーテーションは、初期化状態、ミジン切り状態、ミジン切り状態にしたとの最適化検証用、の3つの用途に使用。最後の残り全部は一般的なテストに。
スペースデデフラグを掛ける時、ここでは空き領域は10%になるようにしています。
※CrystalDiskMark3のデータサイズは100MBにて実施。

ダメージテスト

デデフラグを掛けると読み込み、書き込み共にスコアが落ちました。
特に読み込みのスコアの落ち具合が著しいです。

しかし、4Kのスコアはデデフラグ後も落ちていないのがわかります。
これはガベージコレクションというSSD内部で行われているデフラグによく似た操作の賜物と思います。

readの速度が落ちているのはNTFSのファイル管理領域が肥大化したためと思います。

これを「MyDefragブースター」を使い最適化すると再び元に戻ります。
「スペースデデフラグ」でSSDがこのように速度劣化する事が判りました。
そして、これを 最適化すると再び元のスペックに戻ります。
今回は「MyDefragブースター」のプレミア版が持っているレベル4のデフラグ(最適化)をかけました。

MyDefragブースター

式名称は「SSD対応MyDefragブースター」です。
フリーウェアの定番デフラグ「MyDefrag」のミドルウェアとして無料配布しているので上手に利用して下さい。
http://ssdbooster.dnki.co.jp/

★★SSDの性能の極限を極める!高速化ソフトプチフリバスター

高速化ソフトプチフリバスター
Windows 高速化 プチフリバスター Windows 高速化 プチフリバスター

―> プチフリバスターかんたん紹介ページ
―> プチフリバスター技術詳細ページ

□□□□□□□□□PR