crucial製SSD CT256MX100SSD1 256GB徹底レポート


Crucial MX100 2.5インチ内蔵型SSD 256GB SATAIII CT256MX100SSD1

crucial製SSD CT256MX100SSD1を分解、各種ベンチマークテスト、消費電力測定、ダメージテストを実施しました。

□□□□□□□□□PR
★★SSDをさらに高速化「プチフリバスター

PFBCM

★★SSDの実質容量を数倍にアップ「ハイブリッドドライブ

ハイブリッドドライブ

128GBのSSDで実質512GB以上の体感容量を実現「ハイブリッドドライブ」 □□□□□□□□□PR

まずは節電装置の有無からチェックします。

■LPMの対応チェック

LPM(節電装置)の対応をチェックしました。
現在使っているディスク装置がLPMへ対応しているかを調べるツール「LPMChk」を使用。
lpmチェック

crucial lpmチェック

LPM(HIPM)には対応していませんでした。

LPMについては詳しくはこちらをご参照下さい。

■分解

crucial 分解

コントローラはマーベル
88SS9189BLD2
KWL8L 3JW1334 B2E
TWと記載がありました。

以前CFD販売のSSDを分解した時のようにピンクの放熱材、もしくは衝撃吸収材が確認できました。

隣にあるQRコードが気になり読み取ってみると
PN:542-24837LT:R003526L12
DN:08050-10176-41-A MF:FOXCONN
ID:20131228-5F33-5F33-4837-000000005F33
と書かれたテキストが出ます。

おそらくロット管理用のIDでしょう。

本SSDは電力損失保護機能を搭載しているので、ファイルの保存中に突然電力供給が途絶えたとしても、データが失われることはありません。とメーカーHPに記載がありました。

分解した中にコンデンサー(蓄電器)らしきものを発見。
ここの部分に電力を貯める事によって、保存中に突然電力供給が途絶えても一瞬だけ書き込みを持たせて
データの消失に備えているのだと思います。

crucial コンデンサー

■CrystalDiskMark3によるベンチマーク

CrystalDiskMarkテストは64ビット版で実行。

CFD HG5d 128GB ベンチマーク

CrystalDiskMark3でテストする時は基本、デフォルトを選んでいます。
サンドフォース製のコントローラを採用しているメーカはここを、0FILL, 1 Fillにしている場合があり、0FILL, 1 Fillだとデータの内容が同じためデータを圧縮して高速化を狙っている機種だとスコアが伸びるのです。

実際に計測したスコアは以下の通りです。
左が初期値、右がSSD高速化ソフトプチフリバスターを適用させた場合の値です。
PFBリンク

crucial256GGB 比較 まとめ

■AS SSDによるベンチマーク
■標準のテスト
crucial 256GGB AS SSD 比較

■Copy Bench
cru 256GB データ圧縮 比較

■ATTO DISKによるベンチマーク
crucial ATTO テスト256GB 比較 まとめ

■消費電力測定テスト

ベンチマーク測定時にSSDとPCを繋ぐ5Vの電源供給ケーブルに0.1Ωの抵抗を入れこの間の電圧を測定し、流れる電流を逆算しました。
比較として
CSSD-S6T256NHG6Q  黄色
ADATA SP 600
      青
シリコンパワーSlim S55  赤
のデータも記載します。

本SSDは緑の線です。

crucial 消費電力

消費電力、待機電力共に高い傾向にあります。

本SSDの消費電力は以下の通りです
・最大消費電力:3.5W = 5V × 0.71A
・待機時消費電力:1.1W = 5V × 0.22A

■HD Tune Proによるスコア
crucial 256GB HD file bench 比較

ダメージテスト
どんなSSDも使っているうちに必ず遅くなります。
SSDがプチフリ現象を100%克服したとしてもNTFSフォーマットである限りは絶対に速度劣化現象が現れると思った方が良いです。
純度100%の最悪のコンディションを作るソフト、「スペースデデフラグ」を今回のテストに使用しました。
SSDの内部構造をミジン切りにする。極限化にSSDを追い詰めます。
スペースデデフラグ

これを今回のSSDに掛けます。

スペースデデフラグを掛けると各種操作が劇的に遅くなります。
従いパーテーションを次のように割り、ケースバイケースでテストを実施。

5GBのパーテーションは、初期化状態、ミジン切り状態、ミジン切り状態にしたとの最適化検証用、の3つの用途に使用。最後の残り全部は一般的なテストに。
スペースデデフラグを掛ける時、ここでは空き領域は10%になるようにしています。

今まではCrystalDiskMark3で計測していましたが、CrystalDiskMark3は何回か計測した中で一番良いスコアを出すという特性上、ダメージテストを正確に計測するのに適していません。

よって、今回からは途中の動きもグラフで判る「HD Tune Pro」を利用し、読み書きの変化を正確に追いました。

crucial ダメージテスト

断片化後の書き込みが不安定になっているのがわかります。

このテストは「Trim」に対応しているかいないかで結果は変わってきます。
Trim(トリム)とはSSDへの書き込み速度の低下を回避するためにATA規格で用意されたコマンドです。Trimを利用するにはOSとハードが対応している人、RAIDを使用している人はそのRAIDカードが対応していれば利用できます。

Windowsの7,8以降ならOSは対応しています。

デデフラグ後にTrimのオン、オフで比較して見ました。

trim 比較

デデフラグ後でもトリムがONになっていると書き込みが安定しているのがわかります。

ただし、スコアに関してはTrimがOFFの方が高い結果になりました。
おそらくTrimの命令がSSDのコントローラーに対して負担を掛けているのが原因と思われます。

最初はTrimオフの方が高速ですが、使っているうちに段々速度が落ちていき、こうなるとTrimがOnのほうが高速化すると思われます。

 ■総評

CrystalDiskMark3の結果を見ると、最近計測したSSDの中ではスコアが良い部類に入ってきます。
SSD 比較

CrystalDiskMark3だと結果部分しか見えませんが、
上位3製品をHD Tune Proで比較すると、途中の書き込みのグラフの安定性の違いが判ります。
CFD販売の256GBのベンチ結果がIDEモードの値しか無かったので、同じAHCIモードで比較するため
128GBの方のスコアを載せています。

HD Tune Pro

他の2製品と比べると書き込みの動作にバラつきを感じます。
LPMに対応していないという事で引越し先のSSDとしてお考えの場合は注意してください。OSをクリーンインストールする場合は問題ありませんが引越しの場合、もしも、LPMを極め打ちで指定するソフト、ドライバ等が入って居る機材ではLPM問題が起きます。
LPMについては詳しくはこちらをご参照下さい。

消費電力、待機電力も高めです。
しかし電力損失保護機能は、ファイルの保存中に突然電力供給が途絶えたとしても、データが失われることが無いので評価できます。

□□□□□□□□□PR

★★SSDの性能の極限を極める!高速化ソフトプチフリバスター

高速化ソフトプチフリバスター
Windows 高速化 プチフリバスター Windows 高速化 プチフリバスター

―> プチフリバスターかんたん紹介ページ
―> プチフリバスター技術詳細ページ

□□□□□□□□□PR