SK Hynix SL300 HFS250G32TND-3112A TLC型の耐久テストと分解


SK Hynix SL300 HFS250G32TND-3112A TLC型

SK Hynix SL300 HFS250G32TND-3112A TLC型を耐久テストを紹介する。

■計測データ

hynix

本SSDのTBWは30TB未満という結果が出た。55℃の保温箱に1週間入れた結果、ファイルの読み出しで固まるという現象が起きた。
後続テストとして、保温箱に1週間の2/3の期間保管する追試をした。この結果、認識しなくなった。以上をもって本SSDの耐久性は30TB未満として判断する。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
後続テストは次の手順を踏んだ。
1.一度、フォーマットを掛けなおす。クイックフォーマットを実施。
2.容量の約80%のデータを書き込む。
3.保温箱に2/3週間入れる。
4.PCに接続。ここれでマウントしなかった。原因は不明。
/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

1.分解

このSSDは表題の画像で見るとおり、実にコンパクトだ。放熱対策は実施している。このようにケースに放熱パッドがついている。

SK Hynix SL300 HFS250G32TND-3112A TLC型

内蔵のコントローラはシリコンモーションのSH87810というものだった。下の写真の真っ黒で何も印刷の見えないのがICには肉眼でかすかに見える程度に印刷がわかる。

CIMG2434

これはNANDメモリだろう。このICが一面に4個はいっている。反対側はコントローラのみのようだ。これはNANDメモリだろう。このICが一面に4個入っている。反対側はコントローラのみのようだ。

PR□□□□□□□□□□□□□□□□□□

pbtm_tmSSD の普及と共に SSDの突然死が問題となっています。「PBTM+TM」Ver2はSSDユーザのデータを守る軽快なバックアップシステムです。最大2000世代のOS とドキュメントを自由にバックアップ、復元します。ドキュメントの復元は対象のファイル、フォルダをマウス選択するだけです。マウス右ボタンのGUI操作 で過去2000世代まで遡りワンタッチでロールバックします。

SSD寿命カウンタ

SSDへの実際の書き込みをカウントするアクティブ方式採用により全SSDに対応します。
ディスクへの書き込みをビジュアル化、数値化しSSDの使用状況を管理します。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□PR

2.初回耐久テスト

SK Hynix SL300 HFS250G32TND-3112A TLC型 寿命 耐久性

72テラバイト書き込んだ時点で55℃の保温箱に1週間入れた結果、障害が出た。当ディスクには約80%の領域に4~4MBの乱数ファイルで埋め尽くしている。この乱数ファイルのチェックサムを取った結果、PCが固まり最後はブルースクリーンエラーが出た。特定の乱数ファイル(400個に一つくらいの割合)でロックアップして先に進めないという症状だった。

hynix

冒頭で提示しているが、ここでも再掲する。追試においては30TB未満という結果が出た。

 

恒温装置

この55℃に温度を保つ恒温箱(ヨーグルトメーカ)に1週間入れデータを保持できなくなったようだ。

【 JESD218A:SSDの耐久性試験】

分類 テスト時間 電源OFFでのデータ保持時間 FFR(故障率) 読み取りエラー率
クライアント(普通の使い方) 40° C
8時間稼動/日
30° C
1年
≤3% ≤10 -15
113テラバイトの読み取りで1ビット未満のエラー発生率
エンタープライズ(業務用) 55° C
24時間稼動/日
40° C
3ヶ月
≤3% ≤10 -16
1.1ピコバイトの読み取りで1ビット未満のエラー発生率

TBWはJESD218ではこのように40℃で使用したSSDを30℃で一年間の保持できることと既定しているのだが、温度と保管期間は次の表に従うと考えている。

【JESD218の元となるインテルの温度表ガイドライン】

データ保持ガイドライン

今回のSSDはアクセス時の温度が約40℃であった。従い、この図だと55℃で2週間保持できた時にTBW=72TBに合格すると解釈できる。実際には半分の機関の1週間入れて障害が出た。これよりこのSSDはTBW=35TB未満と推測する。テスト上は72TB未満とジャッジする。

これ以上のレポートは追試により出すしかないだろう。

3.TBWの見直し、必要十分の確認

本サイトではSSDの必要な耐久性は次のようなものだと従来から考えている。

【 SSDへのデータ書き込み量目安】

ハイバネーションON
搭載メモリ4GB
ハイバネーションON
搭載メモリ8GB
ハイバネーションON
搭載メモリ16GB
ハイバネーションON
搭載メモリ32GB
ハイバネーションOFF
1日の推定書き込み量 12GB+10GB 24GB+10GB 48GB+10GB 96GB+10GB 0GB+10GB
1年の推定書き込み量 8TB 12.4TB 21TB 38.7TB 3.6TB
※1.ハイバネーションは一日3回発生すると仮定する。朝PCを起動し、打ち合わせが午前一回、午後一回、昼食時と合計3回ハイバネーションが発生すると仮定している
※2.一日のディスクへの書き込みは10GBと仮定している。ヘビーユーザで10GBというのが本サイトの見解である。おそらく多くはその半分の5GBくらいだろう。

ハイバネーションをOFFにした時、一日10GB書くヘビーユーザであり、実際には5GBが大多数だろう。ゆえに次のように考える事にした。

  • 平均一日5GBで年間1.8TB、10年で18TB、これが通常の必要条件である。
  • 一日10GB書くヘビーユーザでも年間3.6TBで5年保障として18TBあれば実用上問題ない。

実際には四捨五入して20TBが現実的に必要な耐久性と考える。

ssd_optさて、ハイバネのON/OFFは極めて重要なので「SSD最適化設定」を無料配布している。SSDユーザはこのツールによりWindowsをSSD用に設定する事を推奨する。ハイバネーションをONにする時はSSDへのダメージを良く理解して設定して欲しい。

pbtm_tmそしていずれにせよSSDだからこそきちんとしたバックアップが必要だ。JESD218の定めるTBWのデータ保持時間が1年間ということは厳然とした事実なのだ。もしバックアップツールを導入していなければ本サイトではSSDと相性の良い差分バックアップツール「PBTM+TM」の導入を勧める。有料のPro版で最大2000世代まで、フリー版で2世代まで差分バックアップをとりSSD利用者のデータを保護する。