SSDの一日の書き込み量の調査


SSDへの一日の書き込み量

ここではSSDに実際に書き込まれるデータ量がどれくらいかをレポートする。結論を先に述べよう。10GB/日である。これは筆者の結論だ。

1.調査環境

OS Windows7-64bit Pro
CPU Core i7 4790
ディスク構成 CドライブがCFD販売HG6Q 512GB。Dドライブはバックアップ専用ハードディスク。
メモリ 32GB
備考 ソフト開発、電子メール処理と通常業務を実施。Cドライブのアクセス量を調査するため例外を除きC:ドライブを全処理を実施。24時間連続運転。

SSDへのアクセス量調査が目的のため意図的にこのようにした。

SSDへの一日の書き込み量

その結果がこれである。約10GB/日。これが比較的ヘビー用途に属する。

SSD東芝レポートhttp://www.toshiba.co.jp/tech/review/2011/09/66_09pdf/a03.pdf

東芝のレポートでは一日の使用量は4GBとなっている。使い方の相違を考えると極端な乖離ではないと考える。そしてここではこれより10GB/日という数字が一日の使用量の目安であると判断する。

2.SSDの最適化設定

東芝のレポートでは1日に約一回のハイバネーション(スリープ時、メモリをディスクに書き込む)の使用量を約1GBと計算している。当サイトではここにおいて大きく見解が異なる。

■昨今、実メモリは8~32GBが主流

ハイバネーション

今の時代メモリは8~32GBである。従い一回のハイバネで8~32GBを目安に書き込みが発生する。※厳密には実メモリの7割が目安。

当サイトではハイバネーションの書き込みを8~32GBと見ている。

■128GBにおけるハイバネと仮想メモリの問題

無題

これは16GBのメモリを載せたノートPCのディスクの使用内訳を示したもの。判りやすくするため128GBのSSDを詰んだPCの分析図を示す。

貴重なSSDのうち約27GB、実に25%近い容量をメモリとハイバネで消耗しているのが判る。正直言ってSSDのバイト単価を考えるとハイバネーションとゆとりシャクシャクの仮想メモリは採算が取れない。512GB詰んでいれば看過しても良いかという比率と言える。この配置はクリーンインストールしたWindows7-64ビットの一般的な設定だ。

従い128GB,256GBのSSD用の設定は次のようにすべきだ。

  • ハイバネーションは高く付くからOFF
  • 仮想メモリは1~4GBにする

これが常識的なSSDの設定ということになる。

少なくとも仮想メモリが実メモリと同量というのはハードディスクを前提とした設定でSSD向けとは言いがたい。仮想メモリは適時リサイズするべきだ。

ssd_opt

SSDの使用にあたりこれらの設定を推奨する。本サイトでは「SSD最適化設定」というフリーウェアの使用を推奨する。SSDの使用に当たり本ソフトによるケアを推奨する。

http://ssdopt.dnki.co.jp/

結論

ハイバネーションの有無はOSの標準の機能であるからOFFを躊躇する人もいるだろう。しかしこの機能がそもそもハードディスク用の機能でSSD用とは言いがたいこと。高価で容量が少ない中のやりくりを強いられるSSDにおいては本末転倒な機能である事よりOFFが正解と結論する。

例外はあるとすれば最初から4GB未満のメモリしか詰んでいない64ビットOSのユーザか4GB未満しか認識しない32ビットOSとなる。

4GB未満しかメモリを詰んでおらずSSD搭載の64ビットOSは構成ミスと思われ考慮外だろう。32ビットOSの場合は仮想メモリとハイバネの総量は8GB未満となりこの場合は真面目にドントケアでも問題ないだろう。

以上64ビットOSのユーザであればハイバネはOFFにすべきであり仮想メモリはリサイズするべきだ。